「火バリ」開発の趣旨

岐阜県は県土の82%を森林が占めている”木の国”ですが、豊富な資源が手付かずの状態が増えています。
岐阜県木材協同組合連合会では、平成22年度より木造公共建築物への県産材利用促進を目的とした取り組みを精力的に行っ
てきました。
今回、防火制限区域の住宅や公共建築物・施設・店舗などの外壁に板を張る、すなわち「火バリ”を張れば、木材の大きな需要拡大になり、森林の荒廃に歯止めがかかることを期待して開発いたしました。
「火バリ」とは、
  火を見張り建物を火から守る外壁用板です

外壁用板:
岐阜県産材・厚さ30mm無垢板、桧板又は杉板使用
不燃焼液等の含浸透なし

生産・加工
岐阜県内のJAS工場にて製材・加工

板張り適用区域
防火地域 準防火地域 法22条区域






お問い合わせ及びパンフレットご希望の方は 
ヴィヴィッド岐阜までご連絡お願いします