トップページ 岐阜県木連概要 木材関連諸法令
県木材利用推進協 TOPICS 木材関連LINK
  トピックスコーナー
 このコーナーは 岐阜県木連情報より 記事を抜粋し掲載しております 
NEW ぎふ県木連情報174号より
ぎふの木フェスタ2019に出展
一県木連、木推協、産直住宅協会で2ブース出展−

 11月2日(土)3日(日)の2日間 岐阜メモリアルセンター芝生広場で開催された「ぎふの木フェスタ2019」に、県木連、木推協、産直住宅協会が出展しました。県木迪はパネル展示、パンフレットや粗品配布でのJAS製材品、東濃桧等のPR、木推協は無料親子木工教室、産直住宅協会は住宅相談会を開催し、木材利用推進活動を行ないました

県木連情報 174号より


NEW ぎふ県木連情報174号より
ジャパンホームアンドビルディングショー2019(R1.11.13〜15)
第14回ふるさと建材・家具見本市に岐阜県から4団体10ブースを出展

業界団体セミナーヘも多数の聴講者
 11月13日(水)〜15日(金)の3日間 東京ビッグサイトで開催された住まいに関する建材・部材・設備・サービスが一同に会する日本殼大規模の専門展示会に、例年通り岐阜県木連がとりまとめ役となり、4団体10ブースを出展いたしました。
県木連情報 174号より



ぎふ県木連情報172号より
平成30年度国補正予算事業外構部の木質化対策支援事業について
非住宅及び住宅の外構部を木質化の実証に取り組めば施工業者に助成金
木製塀の場合 合法伐採木材を使用して施行 lm当りの3万円の補助金
●林野庁公募事業「効率的なサプライチェーンの構築支援」
事業の企画提案に岐阜県木連が採択される!
県木連情報 172号より


ぎふ県木連情報171号より
●和の住まい推進リレーシンポジウムinぎふを開催
基調講演の講師に、西方里見氏を迎える
岐阜は今年で4年連続開催、国土交通省、林野庁の取組みも講演〜
県木連情報 171号より

●「木の文化の集い」を開催 テーマは森林認証制度について
(一社)日本森林技術協会 森川誠道氏を講師に迎える
県木連情報 171号より

●県木連担い手育成強化研修の報告
県木連情報 171号より


ぎふ県木連情報170号より
ジャパンホームアンドピルディングショー2018(H30.11.20〜22)
第13回ふるさと建材・家具見本市に岐阜県から4団体10ブースを出展 
県木連情報 170号より

29年度林野庁公募事業 “森林認証材普及促進対策事業”の実績報告について
平成29年度、県木連でぱ林野庁の新たな木材需要創出総合プロジェクト事業費補助金事葉”のうちの「森林認証材普及促進対策事葉」を、おもに東濃桧を製材・加工している事葉者の団体:東濃桧品質管暉センターを対象に実施いたしました
県木連情報 170号より

県木連担い手育成強化研修の追加研修等のお知らせについて
31年2月15日に森林認証(COC)、プレカット加工等の総合研修会
県木連情報 170号より



ぎふ県木連情報169号より
JAS構造材活用拡大宣言業者数 9月21日時点で25業者が宣言登録
平成30年7月T5日付け「ぎふ県木連清報第T68号」でお知らせしたところです。この事業のうちJAS構造材活用拡大宣言事業においては、その登録業者数が平成30年9月TO日時点で22業者になりました。建設施工業者のみならず素材生産業者、製材業者、木材流通業者、プレカット加工業者の方も、より多くの木材関係者が登録されることを切望します。
県木連情報 169号より


Q:木が優しくて強いと言われる理由は何ですか?


A:木の持つ 光沢、衝撃吸収性 さわり心地。 すべてが人に安らぎを与えてくれます。

なぜ 木はこんなにも人に優しいのでしょうか。 それは 木が視覚や感触などの人の五感に対してやさしいからにほかなりません。
例えば木は 光の正反射を少なくしてまぶしさを軽減します。